メインイメージ

副業で合同会社設立

副業が軌道に乗って利益が拡大してきましたら、合同会社設立をされてはいかがでしょう。
合同会社なら株式会社より実費費用を抑えて自分の会社を持つことができます。
株式会社設立では登録免許税は15万円、定款認証手数料は5万円が必要ですが、合同会社設立なら登録免許税は6万円、定款認証手数料は0円となります。電子定款にすると印紙代の4万円まるまる節約できます。
ご自身で電子定款を行おうとすると専用の電子機器やソフトを購入する必要があります。
印紙代4万円分以上の費用がかかりますし、手間もかかるので、合同会社設立を代行している事務所にご依頼すると良いでしょう。電子定款対応の事務所なら印紙代4万円を節約できます。
面倒な手続きは代行してくれます。個人事業主から会社設立しようという時はとても忙しいものです。設立する時間のないことも多いでしょうから専門家にお任せしたほうが楽です。報酬をお支払いしても印紙代4万円分と本業に集中して得た利益分でプラスになるかもしれません。

会社の形態には合同会社や株式会社がありますが、合同会社設立をされると株式会社と違って、毎年わずらわしい決算書を公表しなくて済む、合同会社設立時に公証役場での定款認証手続きをしなくて済む、登録免許税の実費費用が6万円と安いなどの利点があります。小回りの効いた事業を展開したいときは合同会社を選ぶと良いでしょう。
そんな合同会社設立するにはなにかと手間がかかります。本業で忙しいときは、合同会社設立代行サービスをご利用してはいかがでしょう。
ご自身で手続きする時間を節約する事が出来ます。司法書士事務所ですと法務局への登記申請も代わりに行ってくれます。オンライン申請により登録免許税6万円から3千円分の実費費用が安くなります。電子定款に対応していて4万円が必要な印紙代もかかりません。計4万3千円分も実費費用を節約できるのは大きいです。
報酬をお支払いするだけの時間を得ることができます。その分本業で利益を上げることに集中して競争力を高められます。
以下は、
合同会社の設立サイトで格安と思われるサイトです。

合同会社設立での定款作成の注意です

昨今の流れとして、新たに起業をする場合、もしくは、個人事業を法人化しようとする場合、合同会社という形態を選ぶ事例が増えてきました。
合同会社には多くの魅力があるので、同じ法人化するなら、合同会社設立に向かうケースが多くなってきたのだと思われます。
合同会社の持つメリットの一つとして、設立手続の費用が安価である、というのがあります。
起業のときは、たとえ1円でも余計なお金は使いたくないので、コストにこだわる人が多いのでしょう。
それは非常に重要な発想であることに間違いはありません。もし、低価格に魅力を感じて合同会社設立を考えているのなら、見逃してはならないポイントが1点あります。それは、定款作成は、PDFの電子定款にすることなのです。
デジタルデータ形式にすると、登記申請の際に定款に貼る収入印紙代の4万円が不要になります。4万円の経費が浮いてくるのです。ただし、自分で、専用の電子機器やソフトウェアを用意して作らなければなりません。
合同会社設立をコストダウン狙いでやるのなら、そこまで自分の力で行う意思が求められるのです。

生活の知恵全集

廃車高値で売る
価値のあるなしは素人には判断が付きません。 廃車は廃車の専門家にお任せあれ!